Shaperon Inc.

「規制産業が抱える問題を解決する」 というMissionのもと、製薬・医療関連企業向け…

Shaperon Inc.

「規制産業が抱える問題を解決する」 というMissionのもと、製薬・医療関連企業向けの「メッセージングプラットフォーム」を提供しています。 https://shaperon-inc.com/

マガジン

  • 社員のnote

    • 28本

リンク

最近の記事

Notion でプロダクト(プロダクトバックログ)を育てる

こんにちは。株式会社シャペロン PO(プロダクトオーナー)の kuni です。 昨年(2023年)4月に PdM としてシャペロンへ入社し、6月から PO をしています。PO といっても前職までは OTA (オンラインだけで取引を行う旅行会社)、現職のシャペロンは医療・製薬業界向けのバーティカル SaaSということもあり、製薬業界については未知なことが多く。まだまだ見習いといったところです。 この記事では、そんな PO 見習いが、現状のシャペロンプロダクトを理解するうえで

  • シャペロンにおけるPlaywrightを使ったE2Eテストの導入と浸透

    株式会社シャペロンのsrkwです。 2023年から、メインの機能開発と並行してE2Eテストによる機能担保の自動化を進めていました。 途中かなり試行錯誤がありつつも2023年末の段階ではある程度方向性が固まって来たので、シャペロンでのE2Eテスト導入の流れを、当時踏んでしまった失敗と合わせてご紹介したいと思います。 今後開発チームにE2Eテストを導入しようか悩んでいる・E2Eテストを導入したいがどのように導入してよいか悩んでいる方の参考になれば幸いです。 E2Eテストを導

  • シャペロンのスプリントレビュー紹介

    株式会社シャペロンのエンジニア、Nozawaです。 弊社の開発部門では、大規模スクラム LeSSを導入しています。 スクラム開発では、スプリントごとにプロダクトの進捗(インクリメント)をレビューするスプリントレビューが行われます。 この記事では、弊社のスプリントレビューについてご紹介したいと思います。 シャペロンのスプリントレビューシャペロンのスプリントレビューには、カスタマーサクセス(CS)やセールス(Sales)のビジネスサイドを担当するメンバーも参加し、開発部門の

  • 35歳WebエンジニアがSaaSスタートアップ企業に転職してみた

    こんにちは。株式会社シャペロンのエンジニア、柴田です。 常備しているおやつは「ハーベスト バタートースト」、好きな言葉は「知らんけど」らしいです。知らんけど。 2023年6月まで株式会社カカクコムでWebエンジニアとして細々と過ごしていましたが、ITエンジニアの定年とも言われる35歳を迎えて新しいことをやりたい気持ちになり退職、シャペロンに入社しました。 現在は育児に奔走しながら、新たな環境で日々精進しています。 この記事では、そんな私の「転職する前の懸念」と「転職してみ

Notion でプロダクト(プロダクトバックログ)を育てる

マガジン

マガジンをすべて見る すべて見る
  • 社員のnote
    Shaperon Inc. 他

記事

記事をすべて見る すべて見る
  • 実録!フルリモートスタートアップの LeSS 実践

    はじめましてこんにちは。株式会社シャペロンでスクラムマスターを担当している いのもえ です。 シャペロンの開発組織は 20 名足らずと小さめの組織(2023 年 9 月現在)で、会社全体でフルリモート勤務を採用しています。そんな状況で大規模スクラムである LeSS を採用しています。 この記事では、弊社での LeSS 実践の様子やスクラムマスター(SM)として感じていることについてお伝えします。 シャペロンの LeSS 実践状況こんな感じの構成で進めています。 働く環

    実録!フルリモートスタートアップの LeSS 実践

  • バックエンドエンジニアだった私が LeSS のスクラムマスターに挑戦してみて

    はじめまして。株式会社シャペロンでスクラムマスターを担当している いのもえ です。 もともとバックエンドエンジニアだったのですが、 シャペロンへの入社をきっかけにフルリモート環境下の大規模スクラム LeSS のスクラムマスターにキャリアチェンジしました。 この記事では、会社が私にしてくれた支援や、今感じていることを紹介します。 転職先をお探しの方や、入社を控えている方の参考になりましたら嬉しいです。 入社のきっかけもともと、コードを書くよりも人の話を聞きに行ったり、議論をフ

    バックエンドエンジニアだった私が LeSS のスクラムマスターに挑戦してみて

  • 子育て中のエンジニアの私がシャペロンに転職した理由

    はじめまして、株式会社シャペロンのエンジニアのNozawaです。2023年の4月に入社し、早いもので入社してから3ヶ月と少し経ちました。 この記事では、1歳になる子供をもつエンジニアとして、私がなぜシャペロンに転職を決めたのかをご紹介します。 シャペロンへの入社を検討する際の判断材料として、参考にしていただければと思います! シャペロンとは医療・製薬業界のコミュニケーションの障壁を解消し、世界標準のエンゲージメントSaaSを提供することを目指すスタートアップです。規制の多い

    子育て中のエンジニアの私がシャペロンに転職した理由

  • 株式会社シャペロン(旧・フラジェリン)に入社しました

    ※株式会社フラジェリンは2023年2月に株式会社シャペロンへと社名を変更しました。(2023年6月追記) 株式会社フラジェリンのsrkwです。今年の6月に前職の株式会社リブセンスを退職し、フラジェリンに入社しました。この記事では入社エントリとして、今後フラジェリンへの入社を検討してくださるエンジニアの方向けに、この記事を通して「なぜsrkwがフラジェリンに入社することにしたのか」「フラジェリンのいいところ」「2022年現在フラジェリンと合わないかもしれない人」の3つをご紹介

    株式会社シャペロン(旧・フラジェリン)に入社しました

  • [パターン別]業務用iOSアプリの配布方法

    はじめにフラジェリンでは、医療従事者とメールでコミュニケーションするためのShaperon Emailというプロダクトを、製薬企業向けに開発しています。これまでWeb版のみでしたが、iOSアプリを先日リリースしました。 アプリの配布方法として、誰でも使えるオープンなアプリならAppStoreでの公開ほぼ一択ですが、例えば業務用途などクローズドなアプリだと、AppStoreに公開してもいいものか迷うこともあります。 Shaperon Emailは後者にあたるので、どういった配

    [パターン別]業務用iOSアプリの配布方法

  • 9月1日は防災の日、必要な備えを考えた

    9月1日は防災の日。フラジェリン社内一の防災マニアの私が今日は防災について思うことを語りたいと思います。(この記事は完全に個人の主観によるものです。ご了承ください) はじめに 私は心配性な性分でして、地震・台風・大雨など自然災害のニュースを目にする度に「レトルトカレーを買い足しておこう」「保存水もう1ケース買おう」と夜中にポチポチとネット購入しちゃう人間です。気づけばクローゼットは非常用ダンボールで溢れ、もし本当に被災した時はきっとお隣りさんもお助けできるだろうと自信を持

    9月1日は防災の日、必要な備えを考えた

  • フラジェリンのオンボーディングを終えてすんなりとチームに溶けこめた話

    製薬業界向けのSaaSを提供しているフラジェリンでSREを担当している川端です。 入社して約半年。 AWSエンジニアとして入社したものの、インフラ中心のキャリアでコードも満足に書いてこなかった自分でもなんとかPythonやTypeScriptと闘いながらやっていけてます。 そんなフラジェリンのオンボーディングについて書きました。 フラジェリンのオンボーディングが気になっている方は、ぜひご一読ください。 入社時点のスペック入社時点でのスペックはこんな感じでした。 コード

    フラジェリンのオンボーディングを終えてすんなりとチームに溶けこめた話

  • ビビりな私がスタートアップ&フルリモートの会社に入社したらどうだったか

    こんにちは。フラジェリンの渡部です。 2022年4月にフラジェリンへプロダクトマネジャーとして入社しました。 入社してあっという間に4ヶ月経つということもあり、今までを振り返ってみようと思います。 フラジェリンとは?2017年から走り出した製薬企業向けのSaaSを提供している会社です。 メンバーは現在(2022年7月時点)で業務委託含め25名です。 フラジェリンについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください↓ 入社したきっかけ前職では飲食業界向けシステムの企画職として楽し

    ビビりな私がスタートアップ&フルリモートの会社に入社したらどうだったか

  • フラジェリンの技術座談会について

    フラジェリンでシステム開発をしている大森です。 リモートワークで毎日PythonやTypeScriptを書いています。 今回はフラジェリンで定期的に行われている「技術座談会」という取り組みについて紹介したいと思います。 始まったきっかけ フラジェリンはフルリモートワークが可能で、大半のメンバーがリモートワークをしており、場所も北海道から九州まで様々です。 リモートワークは会社の方針でもあり、オフィスがなくてもチームを大きくし、大きな仕事ができると考えています。 そのた

    フラジェリンの技術座談会について

  • エンジニアは開発スキルを複業で磨こう

    私は現在4人の子供を育てている父親でありWebエンジニアです。スキルアップは日ごろから必要と感じながらもプライベートな時間を使って学習するのは続かないタイプです。子育て世代は自由に使える時間もお金も限られています。そんな私が複業したら限られた時間でもスキルアップでき、お金にも余裕ができたのでその体験をシェアしたいと思います。 複業を始めたきっかけ複業を始めたきっかけはフラジェリンへの転職です。ここ数年はSIerでプロジェクトマネージャーをしていました。しかし、もっとコードを

    エンジニアは開発スキルを複業で磨こう

  • 環境にお金を掛けたら、肩凝り・腰痛・指の痛みがなんとかなった話

    この記事は関節周りの弱さに自信のあるエンジニアがデスクワーク負担をいかに減らしてきたかを報告する記事です。 内容は表題の通り、肩凝り・腰痛・指の痛みに対する対策です。 (推定原因などを書きますが、僕個人の経験に基づくものであり、医学的根拠に乏しい内容を含みます。参考程度に留めていただければ幸いです。) 背景エンジニアに転職してから肩凝り・腰痛・指の痛みに苦労するようになりました。ただ、肩凝りなどに対するノウハウがエンジニア界隈では溜まっていたので、デスクワークからくる体の

    環境にお金を掛けたら、肩凝り・腰痛・指の痛みがなんとかなった話

  • 子育て中に嬉しいフラジェリンの制度とカルチャー

    フラジェリンのエンジニアの岩井です。 私には小学1年生と幼稚園の子どもがいまして、まだ手がかかる年頃です。 私の場合、そこまで苦労することはあまりないんですが、何かあった時に対応できるようにしたいので、柔軟な働き方をしたいと入社前から考えていました。 私が入社した頃からフラジェリンでは小さい子がいるメンバーが多数派で、すでに働きやすい環境ができていたので不安はなかったですが、実際入ってからも働きやすいなと感じています。 具体的にいくつか書いてみようと思います。 予定を調

    子育て中に嬉しいフラジェリンの制度とカルチャー